スポンサーサイト

  • 2009.01.10 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


幸せの価値

幸せの価値とはなんだろうか?

それについてある番組で劇団ひとりさんがすばらしいことを言っていた。

まあ、それは「アメトーク」というバラエティ番組の家電芸人という
家電が好きな芸人が各々の好きな家電を紹介するという番組の中で
家電に対する知識がない方に対して、言っていたセリフがすごく印象的だった。

「家電なんてなんでもいい」と言って適当に選ぶ人は、幸せにただ単になりたいと
言っている人と同じだと。じゃあ、自分にとってなにがどうなったら幸せであるかを
考えていないと。それは家電に対する接し方も同じだと。
自分にとって必要な家電は何かをしっかり考えていないと。
これはネタっぽく言っていたけど、言えて妙だなと思った。

一時が万事です。
物やお金を大切にしない人は人も大切にしない。
そう思う。

一時が万事である。「大切に扱う」ということが大事なのであって
それは対象がモノだろうが他人だろうが自分だろうが関係ない。
大事なのは丁寧に扱うことだ。

ただ単におもろい番組だったけど、劇団ひとりは個性的でもともと好きだった。
本もおもしろかった。やはりなにか違うと感じさせる芸人は内面世界が
何か教養を感じさせる。それはやはり本を絶対読んでいるということだ。

自分の内面世界を高めるにはやはり、いろんな素晴らしい人に出会うべきだ。
そして素晴らしい本を読むべきだ。
そして物質すべてを大切にすべきだ。

なにか家電好きだけど、それ以外にいいもの見たなって感じでした。

フレッシュネスバーガー

いろいろ考えます。

自分がこの世にいる意味。

まあ、こんなことを考えてもしょうがないのはわかってますけどね。

いろんな宗教書とかもかじったり、成功哲学とか、いろんな思想の本読みます。

まあ、結局やりたきゃやれってことだし、やるだけだなってことです。

成果ばかり気にしては好きなことはできないんだなって思いました。

好きなことをやっていて成果が出るほうが楽しいなと思います。

昨日すごくいい本を読みました。

フレッシュネスバーガーを作った人の話です。

この人はなんと元ほっかほっか亭の創業者の一人です。

しかも会社とは別に個人経営ではじめたというからおもしろい。
会社に内緒で、昼はほっかほっか亭の役員をしながら、

仕事帰りに勝手に起こしたフレッシュネスバーガーで一人でハンバーガーを売っていたそうです。

この人の信念は将来のことよりも今を楽しくということです。

すごくよかった。

あー自由人になりてえなあ

自由人ってなんだろ?

そんなんはよーわかりませんや。大将。

ま、その程度のものです。

が、なりてえな。

大学生のころに戻りたいっていうか、

大学生のころの自由な思いをもう一度味わいてえな。

って感じで考えてます。

簡単にまとめるであるならば、

人間いろいろ求めるのはいけないって思ってます。

シンプルイズベストです。

やはり。

単純に考えた方が早い。

成功法則ばっかり僕読んでますが、最近のお気に入りは

川島和正さんのなんたら(忘れました)の勉強法ってやつです。

これはいい。

その中でめちゃ好きな言葉があります。

「勉強するのを諦める。覚えるのを諦める」

というコメントです。

これはすごい。なぜすごいかは…

時間です。

次回で。

あー自由人になりてえなあ

自由人ってなんだろ?

そんなんはよーわかりませんや。大将。

ま、その程度のものです。

が、なりてえな。

大学生のころに戻りたいっていうか、

大学生のころの自由な思いをもう一度味わいてえな。

って感じで考えてます。

簡単にまとめるであるならば、

人間いろいろ求めるのはいけないって思ってます。

シンプルイズベストです。

やはり。

単純に考えた方が早い。

成功法則ばっかり僕読んでますが、最近のお気に入りは

川島和正さんのなんたら(忘れました)の勉強法ってやつです。

これはいい。

その中でめちゃ好きな言葉があります。

「勉強するのを諦める。覚えるのを諦める」

というコメントです。

これはすごい。なぜすごいかは…

時間です。

次回で。

最近思うこと

いろいろ有料情報のアフィリエイトとかしてたんですけど、

あれはどうなんですかね?

手軽にお金が入るって聞いてってたけど、どうも腑に落ちない…。

なんか内容のない宣伝のメールマガジン送っててやってたんですけど、

あんま楽しくないなあ。

それならこうやってブログ更新して来てくれた人に

感謝してるほうがぜんぜんいいです。

ビジネスの本質ってお金儲けだと思ってたところありましたが、

結局は愛のないビジネスはやりがいも何もなくてあかんですね。

愛こそすべて

なのかも。

素敵なことです。

Yahoo!孫正義の行き方

孫さんは
「ネットで財閥を作りたい」


そして
「わかりませんが、そこにチャレンジするスピリッツが
 大事なんだと思う」


こういう精神の根幹が巨大なビジネスを創っていってるのだと思う。

逮捕されて非常に残念だったがホリエモンもそうだ。

ホリエモンも

「宇宙でビジネスをしたい」
「不老不死になる」

そう言っている。



やはり、そこらへんの会社の経営者とは想像の大きさ、
イマジネーションが違うのだ。
長い歴史の流れから見て、今を見て、そして未来を見ている。
長い目で見ることができなければ、企業は衰退していくのだ。


目先ことばかり見ている経営ではビックになることはできない。
そこそこ、やっていけるだけでは何も変わらない。
経営者は夢がなくてはいけない。


そしてそれを「できる」
真剣にと信じ行動すること。


斉藤一人さんもそういえば歴史の本を読むことが好きだと言っていた。
歴史とはただの過去の出来事ではなく、


「人間」


というものがどういう場面でどう考え、どう行動し、結果どうなったか
ということの証明なのである。


それを知っていることによって、未来を推測もできることも可能だと
思う。


企業であまり重要視されていない感じがするが
イマジネーションはほんと大切なものだと思う。


無駄のない遊び心のない会社はやはりダメなのだ。
会社経営を楽しめる人でなければ経営者になるべきでない。

楽しいからやる

それでいいんではないか?





お金儲けの仕方

本当に最近は安田佳生さんの本が大好きです。

「千円札は拾うな。」

ちょっと前にベストセラーになってた本ですが、
また読んでます。

すごい提案です。
僕の大好きな項目は

「本郷猛」を鍛えてはいけない

です。

仮面ライダーにならずに、変身前の生身の人間である本郷猛に空手をさせたり
しても、ショッカーの戦闘員には勝てても、

仮面ライダー

にならなければ一番倒さなければいけない敵である

怪人には勝てない
ということです。

これをビジネスに置き換えれば、

今までのやり方に固執して効率のみあげても
根本的なやり方から考えていかなければ、
ちょっとよくなる程度しかなれない

ということです。

収入を2倍上げる程度なら、残業を増やしたりして、
一日の物理時間を増やせばなんとかなるということはわかりますが

収入を10倍上げる

ためには、物理時間を増やすだけでは不可能
であるということがわかる。

そうするともう自分たちのビジネスの根本から転換をしなければ
実現は不可能である。

そうすると10倍にするためには既存のシステムを捨てなければ
ならない。

ということがどう考えてもわかる。

そこで不可能であると考えるのをやめてしまえば、そこで終わりだ。

真剣にそうしたいのなら、

では、どうするか?


を脳みそをふりしぼって考える。

そして考えつくして、それを実行した人が

収入を10倍にできる人だ。

この安田さんの考え方はすごい。

ちょっと眠いですが

ちょっと眠いですが書きますねw。

すいません。

「質より量」

って考え方すごい大事だと思っています。

量をこなせば質は圧縮されるから。

です。

これって大事なことじゃないですか?
だからやることが大事なんだと思います。

自分の好きなことで稼ぐ

自分で好きなことで稼ぐのが僕は正直一番いいことだと思います。

ただ、それがなんなのかわからない人もいるでしょう。

そうした人にお勧めなのは、

いろいろ手を出してみることです。

何も考えずにやってみて、気持ちよければ、それがあなたに合った好きなことです。

僕の好きな方で宗教家の内海康満さんという方がいます。

彼の著書「中心感覚」という本はかなり好きな本なのですが、
そこで彼は言っています。

「一般的には天職をもつことはよいことだとされている。
 三十歳までに天職を見つけようなどという雑誌の特集記事も時々目にする。

 しかし天職をもとう、もつべきだという既成概念はすぐに、
 『天職をもたなくてはならない』
 というとらわれや不自由さにつながってしまう」

 そして、彼はこう結論付けている。

「天職というただ一つだけのものを求めるよりは、
 そのときどきで自分のやりたいことをやっていくことがベストである」

「天職は求めるものではなく、好きで夢中になれることが
 職業に結びついたとき、結果としてそれが天職になるものである」

すばらしい。そういうことです。

お金を捨てる

「千円札は拾うな」
の著者安田佳生さんは著書の中で言っています。

「自分の目線を億単位まで高めることができれば、千円札などは
視界から消えてしまなくなってしまう」と。

自分の価値をあげるための投資は惜しんではいけない。
常に将来に目を向ける癖をつけるべきだ。

投資するということはお金を捨てるということだ。
そのお金を捨てる勇気をあなたがもてるかどうかに
人生が好転するかどうかがかかっている。

がんばってください。

他に著者がやっているサイトです。
名古屋グルメ日記
http://nagoyagurumen.jugem.jp

(本業は一応イタリアンのコックなのでw。 レシピやグルメ報告などもしてます)
メルマガもやってます(ちょっとはみ出ててスイマセン…)
■ メールマガジンの購読・解除

ご登録になりたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンをお押し下さい。

有益情報ランキングです。
アクセスカウンターです
ブログパーツUL5
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
            
sponsored links